パイナップル豆乳ローションでアンダーヘアを処理

アンダーヘアにも効果があるの?

VIOラインのアンダーヘアの処理で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

VIOラインは皮膚が薄く敏感な肌部分ですから、カミソリやクリームによる除毛・脱毛によるダメージで黒ずみやすく、痒くなったり腫れたりしやすいので、なかなか頻繁に処理するのは大変ですよね。

そもそもアンダーヘアの処理は面倒ですから、常にキレイにしておくのは難しいものです。

そのような場所でも、もちろんパイナップル豆乳ローションを使用するのは安全で安心です。

元々除毛効果とともに敏感肌へのケアを考えて作られていますから、アンダーヘアの処理に併用するのは最適な使い方と言えると思います。

パイナップル豆乳ローションだけの使用でアンダーヘアの処理はできませんが、アンダーヘアの処理後の悩みをケアするのにうってつけでしょう。

処理後のケアに継続使用

まず普段通りアンダーヘアの処理を行います。

カミソリやクリームによるものになるでしょう。これらは少なからず肌を傷つけたり荒らしたりする効果や成分がありますが、濃いアンダーヘアの処理には仕方ないものです。

ただ、これをそのままにしておくと黒ずみや肌荒れの原因になってしまいます。

そこで処理後にパイナップル豆乳ローションを使用するわけです。

処理後のVIOラインにしっかり塗っていくと、肌が整えられて痒みや腫れを抑えられますし、メラニン色素定着を防ぎ、全く黒ずみがない状態にするのは難しいですが、黒ずんで目立つような状態にはならなくなります。

また継続することで抑毛効果が期待できますから、アンダーヘアが細く弱くなり、生える範囲も狭くなっていくでしょう。

新しく生えてくるアンダーヘアが細くなることで、次の処理が楽ですし頻度も減ることでしょう。

処理回数が減ればそれだけVIOラインの肌を刺激する回数も減っていくわけですから、黒ずみや肌荒れを気にすることもなくなっていくはずです。

抑毛に関しては時間がかかるので、VIOラインのアンダーヘアが気になる季節になる前に計画性をもってパイナップル豆乳ローションを使用していきたいものです。